ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

現状のつらさの整理

この現状、自分としてはそこそこつらくて不安に感じているのだけれど、何がつらさの原因なのか、整理してみようと思う。

  • 研究の結果がでない。

うん、当たり前だけどこれが一番大きい(笑)。詳細は過去記事に書いたので省略。

  • 外出できない

コロナに関係なく、とにかくやることが山積していて時間がないので大学と自宅以外の場所に行く暇がない。息抜きはYouTubeくらい。これでけっこうつらいのは、外食が全くできてないところ。大学と自宅が両方山の上にあるので、生活圏内にレストランや定食屋が本当に全くない。美味しいものを食べようと思ったら地下鉄に乗って街に出ないと行けないけど、そんな余裕ない。大学の学食を除いて最後に外食したのは昨年末に帰省したときだと思う。最近はコロナの影響で学食も営業してないからずっと自分で作って食べてる。料理の腕を向上させる気もないので完全にルーティンになってる。たまには美味しいもの食べたい。

  • 話せる相手がいない

こういう研究で行き詰まった時に話し相手になってくれる人がいない。修士時代の友人は全員就職してるので、なかなか理解してもらえないし…。親兄弟にしてもそう。まあ、話したら気分転換にはなるから助かってはいるんだけどさ。

  • 貯金が減っていく・・

借金はしてないけど、RAの給料だけだと授業料の分だけ足が出てしまう。なぜか博士4年目以降は授業料免除されないらしいので年間53万が貯金から吹っ飛ぶ。増える要素がない自分の預金口座から半期分26万がごっそり引き落とされるのを見るのはけっこう心臓に悪い・・。一人暮らししてるせいで学振の給料をほとんど貯金に回せなかったのが痛い。今年で終わるならまだ大丈夫だけど来年も継続することになったら奨学金借りるかも・・。