ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

ねむい・・・

ねむい。とにかくねむい。

この一週間勉強も研究もほとんど何も進まなかった。

原因は睡眠の悪化だ。早朝覚醒というらしい。だいたい4時か5時に目が覚めて、寝付けなくなる。ずっと目をつむっていても意識が溶け始めるのに1, 2時間かかるのがわかっているので、radikoでラジオを聞いたりYoutubeの音声だけのチャンネルを聞くなどする。そんなことをしていると8時になる。いつもなら大学に行く準備が終わっている時間だ。だが最近は、この時間になってようやくうとうとし始める。そこから浅い眠りについて気づいたら10時を過ぎている。

これはいかんと思って大学にいく。30分ごろ研究室につく。論文を書こうと思ってファイルを開いても頭がぼーっとする。進まないのでイライラして貧乏ゆすりが始まる。午前中はまぁまだいいほうで、午後になると致命的な眠気が襲ってくる。机で寝て、起きるとようやく頭がすっきりする。とはいえ頭がすっきりしても効率がよくなるわけでもなく、ぼんやりデータを解析したりモデルの勉強をしたりして時間が無駄にすぎていく。たぶん、傍から見ると超無気力博士学生に見えるだろう。まあ実際そうなのだが。

たぶん病気とかではないので、なんとか生活のサイクルを元に戻せばましにはなるはず。不眠の根本的な原因は直せないので、できることをやるしかない。