ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

がんばってるね

僕が今の研究室にいて思うことは、「褒め」が足りないということだ。それも圧倒的に足りてない。やはり、褒めてほしい、と思う。もちろん、褒めてほしい・認めてほしいから研究するわけではない。でも、もう少し褒めてくれたらもっとモチベーションは上がるのになと思う。うちの教授はあまり感情というものを表に出さないし、相手の感情を汲み取ったりしない(ように見える)。それでも研究室が成り立っているのは、教授の研究者としての相当な優秀さと、研究に関することについては学生をがっちりサポートするという彼の誠実な姿勢からと思う。ただ、僕のような出来の悪い学生からすると、研究面だけじゃなくて精神面も少しでいいから支援してほしいというのが本音だ。

 僕みたいに特にどことも共同研究をしていない博士学生は、一人で実験や解析を進めることが多く、研究活動を続けているとどうしても鬱々してきたり、勝手に自信をなくしてしまったりする。研究結果が出なかったり論文が掲載拒否されたりしたらなおさらだ。そういうときに、「がんばってると思います」とか「よくやってるよ」とひとこと言ってくれたら、よし自分は頑張ってるんだ、今は結果は出てないけど少なくとも良い方向には進んでるんだという自信が少しは出てくるだろうなと思う。ここで気をつけるべきなのは、「頑張ってください」じゃなくて「頑張ってるね」と声をかけること。だいたい、博士の学生なんてみんな頑張ってるんです。頑張らないといけないことなんて自分でわかっているんです。そんな人に「頑張ってください」なんて声かけてもプラスにならないどころかマイナスになる場合すらある。あと、良い研究結果が出たときだけ「よくやってるね」というのも意味がない。頑張ったから結果が出たのだし、結果が出たら言葉なんてもらわなくても勝手にやる気は上がる。うまくいかないときこそ、その努力している姿勢を褒めるべきなのだ。できれば普段の会話で、自然にね。

 甘いなあと言う声があるかもしれない。もういい大人なんだからモチベの管理くらい自分でしろと。けど、僕は自分が特別甘いとは思わない。この現代日本は、長い不況が続いたせいか自信がなく認められたがりが多い時代。部下のやる気を管理するのも上司の仕事の一つなのだ。それに、褒めには手間やコストなんてかからない。

 そして、僕ももっと後輩を褒めなければと思う。僕は彼らよりも経験があるから失敗にもけっこう慣れてるところがあるが、学部修士の学生は失敗にそこまで耐性がないことが多いだろう。今さらだけど、僕もそういう歳になってきた。自分のことだけじゃなくて、他人のこともちゃんと見なければね。