ルビスコくんの日記

博士学生の日記です。考えたこと、学んだことを書きます。

日本のエスカレータ問題

 
日本ではなぜか全国どこでも片側を空けてエスカレータに乗るのが、一種のマナーのようになっている。エスカレータに乗って歩かない人は左側に(西日本では右側)寄って、歩く人のために右側を空けてあげるのだ。そうするのが普通だと僕も数年前まで思っていた。ところが、それは利用者が勝手に生み出したマナーのようなものであって、そんな乗り方は本来よろしくないというのが実際のところらしい。なぜならエスカレータはそもそも歩くためにあるものではないからだ。エスカレータは人が二人分しか通るスペースはなく狭いうえに、各々大小の荷物を持っているため、人と接触する可能性が高い。そんなところで歩くのは危険だというのが、歩行禁止の理由である。あと、片側に常に偏って荷重がかかることでエスカレータの寿命が縮むという話も聞いたことがある。詳しいことはここに書いてある。
 特に最近は、そういう事故が多いのかしらないが「エスカレータでは歩かないで、2列に並んで手すりにつかまってお乗りください」といった注意書きがいたるところで見られるようになってきた。が、それでもこの片側空けの風習は崩れていない。とはいえ、利用者は何も見ていないわけではないだろう。エスカレータで歩くのがよくないことであることは、皆知っているはずだ。あれだけあちこちに注意喚起のポスターが貼ってあるのだから目に入らないわけがない。ということは、以前は「片側を空けて歩く人の道を確保しましょうねー」だったのが、今では「周囲への危険を冒してエスカレータを歩くヤツのために、注意書きも無視してわざわざ片側を空けている」という、もはやよくわからない状況になってしまっているのである笑。
 人が多いところになると、たいてい片側(歩くレーン)が空いているのに、歩かないレーンに乗るために行列になることが多い。歩きたくなければそれに並ばなければいけないし、並ぶのが嫌なら歩くレーンを「歩かなければいけない」のだ。僕はエスカレータでは歩きたくないし歩かないレーンの列に並ぶのも馬鹿らしいから、最近は歩くレーンで歩かずに乗っている(注:さすがにラッシュアワーでそんなことする勇気はありません。人が比較的少ないとき限定です)。そうしてみて驚くのが、そういう浮いたこと(でも正しいこと)をするやつが一人現れても、後ろに誰も続かず、相変わらず歩かないレーンで順番に乗り続けるのだ。最初の一人が出たら恥ずかしさも多少なくなるはずなのに(だってその歩くレーンを止めてるのは二番目じゃなくて先頭で止まっているやつのはずでしょ)、それでも頑なに歩かないレーンを選び続けるのだ。片側空けルールを破る最初の一人になりたくないというのはわかる。後ろで歩くレーンを歩いて自分の後ろで止まったらプレッシャーになるし、何より歩いて来たのが話の通じないオカシイやつだったら怒られるなどのトラブルになるかもしれないからだ。でも歩くレーンで2番目以降だったら、話の通じないヤツだってさすがに2番目の人に当たってきたりはしないだろう。そういうことは直観でわかるはずだと思うのだが、それでも行動に移さないというのはさすがにものを考えなさすぎだと思う。だから僕は驚いたのだ。
 このエスカレータ問題に見られる「マナーを守らない一部の人の邪魔をしないために周囲の人間が行動してあげる」というのは実は社会のいたるところにある。(もはやマナー云々の次元ではないが)いじめ、アカハラ、セクハラなどが行われる現場では、それを見て見ぬふりをしたり、「お前にも非はある」「とにかく教授が言ってることだから我慢しろ」と邪魔をしないどころかほとんど加担している人がいるはずだ。もしかしたら半分以上の場合がそうかもしれない。そうでなければこんなにも毎年自殺者が出ないだろう。この、加害者が加害しやすい環境をつくっているのは、他でもない傍観者なのだ。この国でエスカレータの独自ルールがいつまでたっても崩れないのは納得できる。