ルビスコくんの日記

博士学生(D2)の日記です。考えたこと、学んだことを書きます。

ハードワークかゆとりか

僕はここ半年以上、2つの価値観の間で揺れている。それは、研究をハードワークに進めるか、ゆとりをもってするかだ。頭のなかで揺れているだけで、実際に行動として選んでいるのはゆとりコース。

何を迷っているのかって、結局、結果を出すには、論文を手っ取り早く書くにはハードワークをしなければいけないのではないか?ということ。僕の周りの数少ない博士課程の学生はだいたい朝早くから夜遅くまで研究室に残ってがんばっているし、研究に関する本を読んでもハードワークを勧める物が多い。

そういうことは頭ではわかっているのだけれど、もう修士のときのように夜遅くまで研究をすることがなぜかできなくなってしまった。当時は夕食を学食で済ませて、夜までひと踏ん張りがあった。でも今は、18時になったら家に帰ってご飯をつくってたべたい。研究とは関係ない好きなことを勉強して、音楽を聞いたり、好きな漫才もみたい。

 僕は科学の才能なぞ自分のなかには微塵も感じないから、こういうゆとりスタイルで生活をしている限りアカデミックのポストを得ることはたぶんできないだろう。問題は自分がそれでいいのか、ということ。正直いうと、今のところそこまで研究を生涯の仕事にしたいとまでは思っていないのだけど(自分にはあんまり向いてないのでは、という気持ちが強くなってきている)、それでもこれからどう気持ちが変わるかなんてわからないのだ。なにより僕はまだ論文というものを受理されたことがない。将来どうなるかわからないけど、とにかく頑張って結果出して、論文をたくさん書いておくというのが将来の選択肢を増やすことにつながる、というのは論理としては理解できる。理解できるのだけどそこまでする気力が湧いてこない、というのが現実だ。

 ただ、ハードワークも苦痛に感じてしまうならば本当に意味がない、とも思う。ハードワークをして研究を嫌いになってしまっては本末転倒だ。ここまで書いてきてわかったのだけど、結局僕は「ハードワークをするほど研究が好きというわけではない」というのが本当のところのようだ。でも、研究という行為自体は(平気で寝食を忘れられる人には負けるけど)気に入っているし、こういうことに気づいたからといって博士課程をやめようとは思わない。むちゃして頑張ってしまうと、この気持ちもなくなってしまいそうで怖い。

まとまりのない文章を書いてきたけど、結局今のスタイルを変えるつもりはあまりない。それでいい。気楽にいこう。ただ、アカポスがなかったときのことはちゃんと考えて、なにか資格などをとっておくという戦略も必要かもしれない。