ルビスコくん空を飛ぶ

博士学生(D1)の日記です.日記に加えてプログラミング(R)のメモ書きもします.

健康第一!

「無事息災ということが人間の幸福の断然主要な要件だからである。ところでこのことから出てくる結論として、およそ愚行中の最大の愚行は、何事のためにせよ、自己の健康を犠牲にすることである。(中略)健康よりも一切を軽くみなければならない。」

これは本当にその通りで、幸せにまず必要なのは何よりも健康だ!というわけである。だって病気になって高熱出て頭がガンガン痛い状態で嬉しいことがあっても「今それどころじゃないから!」って感じで面白くもなんともない(まあ、どのレベルの出来事かにもよるが)。こんなときに一人で寝ながら何か考えようとすると、ひたすらマイナス思考になって、将来が不安になり、自分が今までしてきたことは全く無意味だったんじゃないかと錯覚する(話はそれるがこう考えるとうつ病ってつらすぎるよな。だって何をしても何も感じなくなってしまって、そのうえ身体的にも不眠or過眠や恒常的な疲労感に襲われるのだから)。ところが病気が完全に治ってしまうとけろっと何もなかったように普段の思考に戻れてしまう。

風邪などの病気はある程度偶然性があって仕方ないこともあるのだけど、自分から健康を壊しに行っているなんて本当にもったいない。研究室でよく見るけど徹夜なんて論外だし、夜型生活もよくないと思う。だって大体の研究室って週に1度はゼミがあって、ゼミは大概朝から始まるじゃない?少なくとも週に1度はリズムが崩れることが確定してる生活ってどうなのよって思います(そう考えるとコアタイムにもメリットってあるのね)。1日3食バランスよく食べて、人と話して、適度に運動し、帰るべき時間に帰って、風呂に浸かって、寝るべき時間に寝る。これ、かなり重要だけど結構難しいよね。。もちろん、その健康的な生活はあくまで幸せの必要条件であって、十分条件ではない。要するに感受性を高めるための土台づくりである。

たまーに大学院生のおっさんになっても「オレはまだ若いから大丈夫だ!」みたいな学生風を吹かせてヤバイ生活をしてしかも改善するどころか逆になぜかそれをドヤ顔で語ってくるひとがいるけど、そういう人って一度病気にならないとわからないのかしら?