読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビスコくん空を飛ぶ

博士学生(D1)の日記です.日記に加えてプログラミング(R)のメモ書きもします.

僕のおじいさん先生に会いました

この前,研究室に一人の初老のおじさんが訪問してきた.誰かなあと思ってとりあえずあいさつしたところ,指導教官から「私の師匠のT先生です」と紹介され,驚いた.光合成科学の業界では有名人だ.そして,僕の指導教官の師匠だから,僕はその先生の孫弟子の一人というわけだ.そしてT先生と研究室でお酒を飲むことにした.

すると,T先生は「名前はなんていうんですか?」と聞かれたので僕の名前を答えたところ,「○○君ね,ちょっとメモしておこう.忘れっぽいんでねえ.」といってスケジュール帳を取り出して僕の名前を書いてくれた.孫弟子とはいえ,こんなしょうもないいち学生の名前をわざわざ覚えようとしてくれるなんて,「この人は人との出会いを本当に大切にする人なんだなあ」と思って,T先生の人徳が出会って数分で垣間見られて,少し感動すら覚えてしまった.「僕はねえ,もう研究以外の仕事は断ってねえ,自分で一人で実験してるんですよ.この年になって○○を初めて習いましたよ.」と本当に目を輝かせて楽しそうに話しているのを見て「こういう人になりたい!」と思わせてくれたのでした.