読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビスコくん空を飛ぶ

博士学生(D1)の日記です.日記に加えてプログラミング(R)のメモ書きもします.

学振DC1に採用されました

今週の月曜日(12/26)に学振面接試験の結果発表があった。結果は「採用」。面接の手応えとしてはあまり良くなかったが,結果を見ると面接に進んだ人のうち7割以上採用されていた。たぶん,準備を怠った人,面接で致命的なミスをした人以外は採用だったのだろうと思う。

面接の練習に付き合ってくださった先生やポスドク,面接用の資料をくれた人(ブログで知り合った),申請書を見せてもらった人全員にお礼のメールを書いた。何より,申請書と面接を丁寧に見てくれた指導教官には感謝しかない。これで奨学金という名前の借金をしなくてすむ。

これはボスから言われたことだが,「DCを取った人は安心してしまって伸び悩むことが多い。特にDC1は大した業績がないうちから評価されるから,実力もないまま『自分はできる』と勘違いしてしまう人がけっこういるから気をつけろ」らしい。確かに今回DC1の結果を伝えると「おめでとう。すごいすごい!」という返事をもらう。でも実際は,僕は申請書に来年から3年間の研究計画とその意義を書いただけで,現在それについての結果など何もないわけで。論文も先日リジェクトされたばかりだし。結局学振DCなんてとっていても研究能力と相関なんてないのだと思う。どこかのブログで「学振を取っているから優秀だとも思わないし,取っていないから優秀でないとも思わないし,取っているから優秀でないとも思わないし,取っていないから優秀だと思わない」と書かれたのを読んだことがあるが,その通りだと思う。ただ,学振は研究員に対し研究費もくれる。もらえる分は研究室のお財布事情に左右されないわけだから,ない人よりアドバンテージがあるのは確かである。

これを生かして,どんどん研究を良い方向にもっていって自分を成長させたい。