読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビスコくん空を飛ぶ

博士学生(D1)の日記です.日記に加えてプログラミング(R)のメモ書きもします.

学振DC1の面接候補になりました

この5月に申請書を学振に提出していたのですが,その審査結果が返ってきました.提出した時点で申請書の出来は悪いと思っていたのですが,結果は「面接候補」でした.学振の採用の仕方として,採用(面接免除)・不採用・その間のグレーゾーン「面接候補」があります.よく言えば「一次審査に通った」,悪く言えば「書類だけでは通らなかった」ということになります.私が出した領域の申請者は450人だったので,面接に呼ばれたということは上位25%に入ったということになります.他のブログとかTwitterを見ていると「面接かよ…」と肩を落としている人がちらほらいますが,私は面接候補と知ってけっこううれしく思っています.そんな質の高い申請書を書いたつもりは全くなかったので.

5ヶ月前に提出した申請書をもう一度読んでみると,最初のページ(「現在までの研究状況」)の内容は結構わかりやすく書いてあるなという印象を持ちました.一方でこれからの研究計画については目的もはっきりしないし,背景知識を多くもたない審査員にとってはわかりにくい説明になってしまったのではないかと思います.業績は論文0報(準備中が1つ),海外学会1件,国内学会多数,民間助成金1件だったので,少なくはないが論文がないのがネック,という状態でした.業績はあまりプラスにはならなかったと思います.それでも面接に残ったのは,やはり審査員の第一印象が原因だと思います.つまり最初のつかみのところでわかりやすくこれまでの自分の研究をアピールできれば,少々計画がまずくても面接に呼ばれる程度の点数はもらえるということかもしれません.

書類だけで一発採用にはならなかったのですが,なんとか首の皮一枚つながった感じです.私が申請した領域では毎年90人ほど採用されており,今年の面接免除は72人,面接候補は33人だったので,今年も90人採用されると仮定すれば,面接まで残れば大体半分強は採用される計算になります.ここまでくれば頑張るしかありません.

面接は12月の頭に行われ,持ち時間は10分(4分発表+6分質疑応答).計画についてまだつめられていないところが結構あるので,がんばります.