ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

読書

車輪の

先日、実家に帰ったんですが、その期間にヘルマン・ヘッセの『車輪の下』という小説を読みました。この本、買ったのはたしか学部生のころで、修士のころに読んだときはちょっとこれお堅いわね気分じゃないわと思って本棚にしまっておいて、それから何度かあ…

結局、紙派になりました

ここ数年、本を電子書籍で買うようにしていたが、今年に入ってからほとんど紙の本を買うようになった。理由をあげていく。 いま自分が本の中のどこを読んでるかが手の感覚でわかる 1つめ。これは電子から紙に戻したときにとても実感した。読書は僕にとって情…

村上春樹『レーダーホーゼン』

久しぶりに村上春樹の作品を読んだ。なぜかはわからないけど、僕は夏になると村上春樹が読みたくなる。それで、一つの作品を読むとお腹いっぱいになって次の年の夏まで読まない、というようなサイクルになっているみたいだ。 僕にとって今年の村上作品は初期…