ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

研究

がんばってるね

僕が今の研究室にいて思うことは、「褒め」が足りないということだ。それも圧倒的に足りてない。やはり、褒めてほしい、と思う。もちろん、褒めてほしい・認めてほしいから研究するわけではない。でも、もう少し褒めてくれたらもっとモチベーションは上がる…

「オ」から始まる・・・

ここのところ毎日新しいことを勉強できて楽しい。 教授と「ここの現象が重要だからまずこのモデルを勉強しよう」という話になって、ここ数ヶ月ほどずっと関連するモデルの勉強をしていた。それ自体は楽しくやっている。ただ、一通り勉強したら、じゃあこのモ…

査読結果2

雑誌のエディタからメールが来てリジェクトになりました。 昨日まで一週間ほど投稿画面では”Major Revision”って出てたのですが、今日メールが来てサイト見てみたら”Reject”に変わってました。。 頑張ってResponse Letter書いてたのに… まあ、別の雑誌に投稿…

査読結果

今月のはじめに投稿した論文の査読が終わりました(査読が早い雑誌に投稿しました)。結果は Major Revisions でした。論文の査読結果にはいくつか種類があります。Minor Revisionは細かいとこを修正したらOKなだけで、原則アクセプト。Major Revisionは大き…

最近の僕の時間管理法

数ヶ月前から、僕が続けている時間管理法を紹介します。簡潔にいうと、Togglでタスク管理しながら、ポモドーロ法で時間を区切っています。 ポモドーロ法とは、休憩する時間と集中する時間を完全に区切りメリハリをつけて集中する方法のことです。僕の場合、3…

褒められたい

僕は人から褒められたい。褒められると嬉しくって、モチベーションが高まる。このブログでは、何度か「修士まではとにかく頑張っていたけど、博士課程で別の研究室に進んでからはそこまでしなくなった」と書いたことがある。その理由は「そこまで研究が好き…

ハードワークかゆとりか

僕はここ半年以上、2つの価値観の間で揺れている。それは、研究をハードワークに進めるか、ゆとりをもってするかだ。頭のなかで揺れているだけで、実際に行動として選んでいるのはゆとりコース。 何を迷っているのかって、結局、結果を出すには、論文を手っ…

研究室(生物系)にslackを導入しようとした話

slackは職場/研究室単位でのチャットをするためのサービスで、研究室全体だけでなく話題ごとにチャットスペースを自由に作成できるのが特徴。となりの研究室で使っているとの噂を聞いて調べてみたらとても便利そうで、うちでもぜひ使ってみたいとおもった。 …

2017年の抱負

早いものでもう2017年も残り2週間で終わってしまいます。ここで、2017年の初めにブログで語った抱負(http://pam715.hatenablog.com/entry/2017/01/26/214046)がどれくらい達成されているかをチェックしたいと思います。 •研究 論文を2本書きたい、というこ…

作業はRのプロジェクトベースで管理しよう

Rのプロジェクト機能の話。 Rを使い続けてはや3年になりましたが、Rの作業を効率化できることに今更気づきました。それは、Rstudioのプロジェクト機能です。まず、RstudioではなくR無印を使っている人はすぐにRstudioに乗り換えたほうがいいです(本題とそれ…

基礎科目

私たちは自然科学を研究する者として、基礎科目(物理・化学・生物と、それに必要な数学)を学習することをやめてはいけないと思います。なぜなら、自然科学にはこれまでの長い発見に発見を次いできた歴史があり、私たちはその歴史の流れの中にあるからです…

研究メモノート

最近、新しい進捗管理法を使っているので、ここにメモする。僕はEvernoteを使っているが、Macの標準メモ帳でも、なんでもいいと思う。ただし、画像が貼り付けられる方がいい。自分で使っていて実験ノートみたいだなと思ったので、「実験ノート式研究メモ」と…

不安になってきた

ここ1週間は学振の面接の準備をしていて,スライドもだんだんと出来上がってきました.が,なんともいいようのない不安が湧いてきます.2週間くらい前までは,「面接候補の中から半分受かるんだから,面接官に自分の研究の魅力が伝われば落ちないだろう」と…

学振DC1の面接候補になりました

この5月に申請書を学振に提出していたのですが,その審査結果が返ってきました.提出した時点で申請書の出来は悪いと思っていたのですが,結果は「面接候補」でした.学振の採用の仕方として,採用(面接免除)・不採用・その間のグレーゾーン「面接候補」が…