ルビスコくんの日記

とある博士学生の日記です。

感情と理屈

この前、とあるYouTuberが面白い話をしていたのでメモ。 読解力のない層は必ずいる。それはある世代に多いものかもしれないし、すべての世代に一定の割合で存在するのかもしれない。読解力がないと、まとまった理屈を理解できない。そのときの感情でしか物事…

僕の好きな人たち

今日は、僕がどんな人を好きか書いてみようと思います。次の項目にひとつでも当てはまっている人は、ほとんど無条件で好きです。 だから何って話ですが、まあそう言わずに最後までお付き合いください笑 生物系のLaTeXユーザー 生物系の分野は、論文で数式を…

2019年と2020年

2020が始まりました。今年もよろしくおねがいします。 昨年はどういう年だったかというと、少しずつ自分を許せるようになった年だと思います。過去の自分の失敗が許せず、今さらどうしようもない過去についてしつこく考えている自分も嫌でした。でも、2019の…

2019年11月振り返り

11月が終わったので、それぞれについて評価していきます。 論文書く:まあまあできた。10月のはじめに論文が査読から返ってきて、10月11月にそのコメントに従って追加実験をしました。そしたら、思ってたのと違うデータが取れたので、今悩んでいる最中です。…

2019年11月

論文書く この11月はちゃんと論文を書きます。計算ミスも最初に予想したほどひどいものではなかったので、さっさとデータを修正して、共著者に見てもらって、英文校閲に出して修正版を提出する。 論文読む 正直、私は論文読むのが嫌いで、あんまり読んでいま…

来年もお世話になりますっ

今いる研究室に、来年もお世話になることに決まりました。留年になります。理由は、博士研究の成果が出せていないことです。本当にこの2年半、本当に何一つうまくいきませんでした。唯一結果が出たと思っていた実験も、あとでよくよく解析してみるとおかしい…

遠い遠いはるか未来の話。

中学生のころ、僕は地学、とりわけ天文分野の授業が好きだった。自分にとってこんなに大きな地球が太陽系のなかの惑星の一つでしかなく、しかも太陽系は天の川銀河の端っこにあるありふれたもので、その天の川銀河も宇宙空間の中に何千億もある銀河の中のひ…

QR決済を使わない理由

PayPayとかLINEPayとか、スマホのQRコードを使った決済が普及しつつあるようですが、私は完全に出遅れてしまって使ったことがないです。あまり自分で使おうと思わないのですが、その理由をつらつら書いていこうと思います。 ・調べるのめんどくさい 出ました…

ながい査読

5月の中旬に投稿した論文がまだ返ってこない。 ちょっと遅いから催促のメールを出しましょうかという話になって問い合わせてみたら、まだ査読者が決まってなかった。 というか、依頼していた人から返事が来ないから新しい人を探しているらしい。 「無理なら…

ねむい・・・

ねむい。とにかくねむい。 この一週間勉強も研究もほとんど何も進まなかった。 原因は睡眠の悪化だ。早朝覚醒というらしい。だいたい4時か5時に目が覚めて、寝付けなくなる。ずっと目をつむっていても意識が溶け始めるのに1, 2時間かかるのがわかっているの…

がんばってるね

僕が今の研究室にいて思うことは、「褒め」が足りないということだ。それも圧倒的に足りてない。やはり、褒めてほしい、と思う。もちろん、褒めてほしい・認めてほしいから研究するわけではない。でも、もう少し褒めてくれたらもっとモチベーションは上がる…

タフであるとは

村上春樹の小説を読んでいると、「タフ」という言葉を目にすることが多い。タフであるというのはどのような状態をいうのだろうか。タフさというのは、攻撃としての強さ、つまり相手を打ち負かしてしまえる強さという意味は含まれていない。攻撃を受けても負…

「オ」から始まる・・・

ここのところ毎日新しいことを勉強できて楽しい。 教授と「ここの現象が重要だからまずこのモデルを勉強しよう」という話になって、ここ数ヶ月ほどずっと関連するモデルの勉強をしていた。それ自体は楽しくやっている。ただ、一通り勉強したら、じゃあこのモ…

査読結果2

雑誌のエディタからメールが来てリジェクトになりました。 昨日まで一週間ほど投稿画面では”Major Revision”って出てたのですが、今日メールが来てサイト見てみたら”Reject”に変わってました。。 頑張ってResponse Letter書いてたのに… まあ、別の雑誌に投稿…

査読結果

今月のはじめに投稿した論文の査読が終わりました(査読が早い雑誌に投稿しました)。結果は Major Revisions でした。論文の査読結果にはいくつか種類があります。Minor Revisionは細かいとこを修正したらOKなだけで、原則アクセプト。Major Revisionは大き…

車輪の

先日、実家に帰ったんですが、その期間にヘルマン・ヘッセの『車輪の下』という小説を読みました。この本、買ったのはたしか学部生のころで、修士のころに読んだときはちょっとこれお堅いわね気分じゃないわと思って本棚にしまっておいて、それから何度かあ…

眠れない。

ここ2,3ヶ月、眠れない夜が多くなってきた。 別れた人のことを際限なく思い出してしまう。 日中は、なるべく考えないようにして、研究室では目の前のことに集中しようとしている(でもあまりできない)し、それ以外の時間もできるだけ他のことに気をそらそ…

札幌に帰りたい。

札幌に帰りたい。こんなことを思ってもしょうがないのだけれど。どうも今の場所の気候が自分にあっていない、というか札幌が僕にとって快適すぎたのだ。 札幌は最高だった。不快な季節はといえば道路の氷が溶けて道が水たまりだらけになる3月~4月の一ヶ月弱…

2019年のPROMISE

去年は、この時期に2018年の抱負を立てなかったせいで、年始に掲げた目標がどれくらい達成されているか確認できないというあまり面白みのない年末になってしまったので、今年はちゃんとここに書いておこうと思います。 投稿論文を書く めちゃくちゃ大事です…

2018年はどんな年だったか。

今年も残すところあと少しですので、今年一年を振り返ってみたいと思います。 なんか、9月以降が濃厚すぎて前半に何をしていたのか、あまり詳細に覚えていない。 7月くらいまでは、実験を頑張っていた。だが一連の実験の結果が出揃ったころから、自分がやっ…

最近の僕の時間管理法

数ヶ月前から、僕が続けている時間管理法を紹介します。簡潔にいうと、Togglでタスク管理しながら、ポモドーロ法で時間を区切っています。 ポモドーロ法とは、休憩する時間と集中する時間を完全に区切りメリハリをつけて集中する方法のことです。僕の場合、3…

忙しさに負けるな

8月ごろ、僕は暇だった。というより、研究のことこれからのことでいろいろ思い悩んで、研究を数週間ストップして本を読んだり映画を観たりしてだらだら過ごすことにした。そこから研究室に復帰して、リハビリも兼ねてほとんど九時五時で研究をすることにした…

植物の葉はなぜ緑色なのか?

とあるテレビ番組で、「葉っぱはなぜ緑色なの?」という疑問が取り上げられたらしいです。で、その答えが「葉っぱは赤と青が好きだから」だったと。以下、番組の説明の要約。 「私達が普段見ているものの色は、対象の物質が反射した光の色です。物質の表面に…

クラシック音楽を聴こう

僕には常日頃不思議に思っていることがある。それは「どうしてみんなクラシック音楽を聴かないのだろう」というものだ*1。もちろん、いくつか曲を聴いてみて趣味が合わなかったという人もいるだろうけど、多くの場合聴かず嫌いなんじゃないかと勝手に想像し…

僕の境遇とこれからについて。

僕がこれまで歩んできた道は、とてもありふれたものだった。父は会社員、母は専業主婦で、僕が生まれたときからずっと「失われた20年」と呼ばれる長い不況が続いていたわけだが、そんなニュースは子供の頃からほとんど気にしたことがなかった。そのぶん父が…

帰れない二人

僕は井上陽水の「帰れない二人」という曲が好きだ。僕の叔父は井上陽水のファンで、高校生のころにこの曲が入っている「氷の世界」を貸してもらって以来、ことあるごとに聴いている。 この曲は作曲が忌野清志郎で、作詞を井上陽水が担当しているのだが、さす…

褒められたい

僕は人から褒められたい。褒められると嬉しくって、モチベーションが高まる。このブログでは、何度か「修士まではとにかく頑張っていたけど、博士課程で別の研究室に進んでからはそこまでしなくなった」と書いたことがある。その理由は「そこまで研究が好き…

10月はいろいろあった。

この10月は、とても大きな出来事があった。 ひとつは、祖父の死。 90歳まで生きて、病院にも施設にも行かず、自宅の寝床で息を引き取った。昭和3年生まれだから、ほとんど昭和と平成のすべてを生きたことになる。あれだけ煙草を吸ってしかも偏食だったのに、…

日齢10000日!

僕たちは普通、自分の齢を年で数える。僕は今年で27歳。つまり僕があのN市の病院で生まれてから地球は太陽の周りを27回公転したことになる。だが、この世には本当に面白いことに気づく人がいるもので、「日で齢を数えたら面白くね?」と考える人がいるのだ(…

非モテだったんだね。

つい最近、数年間付き合った彼女と別れた。くよくよしていても仕方ないし、恋愛が嫌になったわけでもないので次の相手を見つけたいなあと思っていて、まあ彼女くらいできるでしょと高をくくっていた。だけど、先日ちょっと気になる女の子と話していて、僕は…